ジャンル別 > アクション > 横スクロールアクション

横スクロールアクション(全27件):  1 | 2 | 3 | 全て表示 | <<前の10件
飛龍の拳奥義の書

飛龍の拳奥義の書

1987年2月14日/カルチャーブレーン(日本ゲーム)/CB-001/ROMカートリッジ/パスワード/5,500円
©1987 NIHON GAME/©1987 MICRO ACADEMY

もとはタイトーのアーケード版。ジャンプ、防御、上中下段攻撃、コマンド入力、KOゲージ、異種格闘技戦と、後に「ストII」から連なる対戦格闘の要素をほぼ満遍なくこの時期に現出させている。但し対人対戦が出来るのは続編の2から。以降続編多数。「心眼」システムが独創的。


詳細を表示

カルチャーブレーン(1)| 横スクロールアクション(27)| 対戦格闘(9)| Comment (0)

北斗の拳

北斗の拳

1986年8月10日/東映動画/TD-002/ROMカートリッジ/4,900円
©BRONSON・HARATETSUO/SHUEISHA・FUJI TV・TOEI ANIMATION
©1986 TOEI ANIMATION/SHOUEI SYSTEM

武論尊・原哲夫コンビの原作(「週刊少年ジャンプ」連載)をファミコン化。ケンシロウはもとより、シンやラオウなどの登場キャラクターが原作そのままに登場する。セガ・マークIII版でも同名のタイトルがリリースされており、ゲームシステムがよく似ていることから、その優劣をよく比較される。ファミコン版開発はショウエイシステム。


詳細を表示

東映動画(3)| 横スクロールアクション(27)| Comment (0)

ポケットザウルス十王剣の謎

ポケットザウルス十王剣の謎

1987年2月27日/バンダイ/BA-011/ROMカートリッジ/5,500円
©1987 BANDAI

バンダイの橋本名人が主人公の横スクロールアクション。当時バンダイから発売されていた恐竜型のキャラクター文具「ポケットザウルス」が多数登場する。「ファミリーコンピュータMagazine」でゲームのアイディアを公募し、一般読者がゲーム企画に参加した。ブーメランという特殊な武器、ゲーム中アクションとシューティングが混在する、ゲーム中に突然クイズが始まる、敵キャラクターが自己紹介しながら登場する、ボスキャラクターへの攻撃方法に工夫が必要、など実に多彩なアイディアが盛り込まれている。ゲーム開始時には「バリバリボクモード」と「パパモード」の2つから難易度を選択できる。


詳細を表示

バンダイ(12)| 横スクロールアクション(27)| 横シューティング(15)| Comment (0)

マグマックス

マグマックス

1986年3月19日/日本物産/NB-001/ROMカートリッジ/4,900円
©1986 NIHONBUSSAN CO., LTD.

前年の同社アーケード版からの移植。パーツと合体することにより強力なロボットへと変身する横スクロールシューティング。


詳細を表示

日本物産(4)| 横スクロールアクション(27)| Comment (0)

ミッキーマウス不思議の国の大冒険

ミッキーマウス不思議の国の大冒険

1987年3月6日/ハドソン/HU-015/ROMカートリッジ/4,900円
CHARACTERS ©1987 THE WALT DISNEY CO.
PROGRAMMING ©1987 HUDSON SOFT

ディズニーの人気者ミッキーマウスとミニーマウスが主人公のハドソン謹製アクション。「不思議の国のアリス」の世界を舞台にミッキーとミニーが大活躍する。2匹のキャラクターを同時に操作する部分で一部特徴がある。全5ステージ。


詳細を表示

ハドソン(19)| サイドビューアクション(68)| 横スクロールアクション(27)| Comment (0)

六三四の剣ただいま修行中

六三四の剣ただいま修行中

1986年8月8日/タイトー/TA-008/ROMカートリッジ/4,900円
©M.MURAKAMI/SHOGAKUKAN,TX,EK
©1986 TAITO CORP.

村上もとか原作の同名コミック(「週刊少年サンデー」連載)をファミコン化した剣道アクション。少年期の修行に始まり、全国大会の優勝を目指す。試合モードではコミックそのままのキャラクターが登場する。二人対戦可。


詳細を表示

タイトー(12)| 横スクロールアクション(27)| 対戦格闘(9)| Comment (0)

夢工場ドキドキパニック

夢工場ドキドキパニック

1987年7月10日/フジテレビジョン/FT-001/ディスク/ディスクセーブ/2,980円
©1987 NINTENDO/FUJI TV

持ち上げる、引っこ抜くという動作が新しい、マリオの続編として開発されたアスレチックアドベンチャーアクション。バラエティに富むステージ構成の中にアッと驚く仕掛けが満載。ジャンプ音はマリオシリーズのそのままで、敵ボスのダメージ音にはゼルダの伝説のものが使われている。ヘイホーやキャサリンなどマリオシリーズでおなじみとなるキャラクターが初出。


詳細を表示

フジテレビジョン(1)| サイドビューアクション(68)| 横スクロールアクション(27)| Comment (0)

横スクロールアクション(全27件):  1 | 2 | 3 | 全て表示 | <<前の10件