ジャンル別 > アクション > 横スクロールアクション

横スクロールアクション(全27件):  1 | 2 | 3 | 全て表示 |
アトランチスの謎

アトランチスの謎

1986年4月17日/サン電子/SD-004/ROMカートリッジ/4,900円
©1986 SUNSOFT

打倒スーパーマリオを掲げて開発された「マリオ型」アクションゲーム。隠しフィーチャー満載のアクション大作。


詳細を表示

サン電子(13)| 横スクロールアクション(27)| Comment (0)

オバケのQ太郎ワンワンパニック

オバケのQ太郎ワンワンパニック

1985年12月16日/バンダイ/BA-003/ROMカートリッジ/4,900円
©1985 BANDAI/©FUJIKO.SHOGAKUKAN.TV ASAHI

藤子不二雄のマンガを原作とするアクションゲーム。ジャンプだけでなく、そのまま空中を移動できるシステムは斬新。


詳細を表示

バンダイ(12)| 横スクロールアクション(27)| Comment (0)

ゲゲゲの鬼太郎妖怪大魔境

ゲゲゲの鬼太郎妖怪大魔境

1986年4月17日/バンダイ/BA-004/ROMカートリッジ/4,900円
©1986 BANDAI ©MIZUKI,TOEI ANIMATION

水木しげるの漫画のゲーム化。一反木綿やぬりかべのほか、原作どおりの妖怪が非常に多数登場する。


詳細を表示

バンダイ(12)| 横スクロールアクション(27)| Comment (0)

子猫物語

子猫物語

1986年9月19日/ポニーキャニオン/PC-004/ディスク/2,900円
©1986 PONY INC.

ムツゴロウこと畑正憲監督の同名映画の公開にあわせて発売された横スクロールアクション。木に乗っかるとその枝の動きがフカフカ感たっぷりなのが印象的。


詳細を表示

ポニーキャニオン(8)| 横スクロールアクション(27)| ディスクシステム(43)| Comment (0)

サーカス・チャーリー

サーカス・チャーリー

1986年3月4日/ソフトプロ/SF-002/ROMカートリッジ/4,900円
©1986 SOFT PRO/KONAMI

コナミのアーケード版からの移植。ジャンプボタンを押すタイミングだけが全ての、シンプルさがゲームの奥深さと直結している。


詳細を表示

ソフトプロ(3)| 横スクロールアクション(27)| Comment (0)

じゃじゃ丸の大冒険

じゃじゃ丸の大冒険

1986年8月22日/ジャレコ/JA-009/ROMカートリッジ/4,900円
©1986 JALECO

忍者くんシリーズの第3弾。前作「忍者じゃじゃ丸くん」からの見覚えのある敵キャラが多く登場する。


詳細を表示

ジャレコ(12)| 横スクロールアクション(27)| 和風(12)| Comment (0)

スーパーマリオブラザーズ

スーパーマリオブラザーズ

1985年9月13日/任天堂/ND-032/ROMカートリッジ/4,900円
1986年2月21日/任天堂/ND-032/ディスク片面/2,500円
©1985 NINTENDO

歴史に名を残す、ファミコンの代名詞。抜群の操作性と明快なゲーム展開、全32ステージ+αの広大なマップに散りばめられた無数の隠しフィーチャーが、プレイヤーの冒険ロマンをかき立て続けていつまでも飽きがこない。全世界で4000万本以上を売り上げた、文句なしのファミコン史上最高傑作。


詳細を表示

任天堂(48)| 横スクロールアクション(27)| ROM/ディスク(26)| Comment (0)

スーパーマリオブラザーズ2

スーパーマリオブラザーズ2

1986年6月3日/任天堂/ND-042/ディスク片面/ディスクセーブ/2,500円
©1986 NINTENDO

快進撃を継続中の前作『スーパーマリオブラザーズ』の難易度を大幅に引き上げた追加ディスク。ディスクシステム専用ソフト第3弾。


詳細を表示

任天堂(48)| 横スクロールアクション(27)| ディスクシステム(43)| Comment (0)

スーパーマリオブラザーズ3

スーパーマリオブラザーズ3

1988年10月23日/任天堂/ND-064/ROMカートリッジ/6,500円
©1988 Nintendo

任天堂が満を持して送り込んだ空前の超大作アドベンチャーアクション。タヌキやカエルの着ぐるみを着て画面内を縦横無尽に走り回るマリオと新登場の敵キャラクターたちの愛らしさに人気沸騰、その内容の圧倒的なボリュームは、質量ともに他と比較するのも憚られる。国内販売本数約384万本はスーパーマリオ一作目に次ぐファミコン史上第二位。誰もが認めるファミコンアクションゲームの最高峰。2人プレイ可。


詳細を表示

任天堂(48)| サイドビューアクション(68)| 横スクロールアクション(27)| Comment (0)

スパルタンX

スパルタンX

1985年6月21日/任天堂/ND-029/ROMカートリッジ/4,900円
©IREM CORP. 1984 ©1985 NINTENDO

横スクロールアクションの元祖。その後の多くの同系のゲームの基本型となる。多様な敵キャラと個性的なボスがゲームを飽きさせない。技を繰り出す時の掛け声や、笑い声などに合成音声が使われている。


詳細を表示

任天堂(48)| 横スクロールアクション(27)| Comment (2)

ソンソン

ソンソン

1986年2月8日/カプコン/CP-002/ROMカートリッジ/4,900円
©1986 CAPCOM

西遊記をモチーフとした、2人同時プレイが可能の横スクロールアクション。Powや風車マークの「弥七」など、既にカプコンファミリー勢揃いの一本。


詳細を表示

カプコン(5)| 横スクロールアクション(27)| 中華(4)| Comment (0)

ダーティペアプロジェクトエデン

ダーティペアプロジェクトエデン

1987年3月28日/バンダイ/BA-012/ディスク/ディスクセーブ/3,300円
©TAKACHIHO&A・A/NIPPON SUNRISE/NTV ©1987 BANDAI

高千穂遙原作による同名アニメからのファミコン化。横スクロールのシューティングアクションと、広域マップ型探索アクションが交互に展開する。2人プレイ時「エアカー」に二人で同時に搭乗できる点がユニーク。マルチエンディング採用。


詳細を表示

バンダイ(12)| 横スクロールアクション(27)| 広域マップアクション(15)| Comment (0)

高橋名人の冒険島

高橋名人の冒険島

1986年9月12日/ハドソン/HU-012/ROMカートリッジ/4,900円
©1986 HUDSON SOFT

セガのアーケードゲーム「ワンダーボーイ」から移植。ファミコン界の顔として大人気の高橋名人が南の島で大活躍する。マリオタイプの横スクロールアクションの中では実によく作られており、シリーズ化される第一作目。


詳細を表示

ハドソン(19)| 横スクロールアクション(27)| Comment (0)

闘いの挽歌

闘いの挽歌

1986年12月24日/カプコン/CP-005/ROMカートリッジ/5,500円
©1986 CAPCOM

アーケードからの移植。「スパルタンX」タイプの、パワーアップ要素が存在しない硬派アクション。同社「魔界村」に比べると大幅な難易度の低下がみられる。盾による防御は後の「ストII」へと継承される革新的な新要素。2人対戦可。


詳細を表示

カプコン(5)| 横スクロールアクション(27)| 対戦格闘(9)| Comment (0)

ディーヴァ

ディーヴァ

1986年12月5日/東芝EMI/TE-004/ROMカートリッジ/パスワード/5,500円
©1986 TOSHIBA EMI ©1986 T&E SOFT

PC98やMSXなど全7機種で同時にリリースされたタイトルのファミコン版。各機種版は基本システムは同じだが全て違うストーリーで、全ての機種のパスワードに互換性を持たせた壮大な内容。ファミコン版のサブタイトルは「ナーサティアの玉座」で、全7ストーリーの6作目にあたる。


詳細を表示

東芝EMI(4)| 横スクロールアクション(27)| ユニット型シミュレーション(4)| Comment (0)

東海道五十三次

東海道五十三次

1986年7月3日/サンソフト/SD-005/ROMカートリッジ/4,900円
©1986 SUNSOFT

「いっき」で時代劇テイスト路線の波に乗るサンソフトから発売された長編アドベンチャーアクション。ステージ構成は実際の旧東海道の宿場を忠実に再現している。正式タイトルは「かんしゃく玉投げカン太郎の東海道五十三次」。


詳細を表示

サン電子(13)| 横スクロールアクション(27)| 和風(12)| Comment (0)

長靴をはいた猫世界一周80日大冒険

長靴をはいた猫世界一周80日大冒険

1986年11月21日/東映動画/TD-003/ROMカートリッジ/4,900円
©1986 TOEI ANIMATION SHOUEI SYSTEM

「眠れる森の美女」などの作品を残した17世紀フランスの詩人シャルル・ペローの童話を元に、1976年に日本で制作されたアニメ映画をファミコン化。ステージごとに自動車や船、気球などの行動バリエーションが変化に富む。主人公の「長靴をはいた猫」ペロは、東映動画のマスコットキャラクターとして採用されている。


詳細を表示

東映動画(3)| 横スクロールアクション(27)| Comment (0)

忍者ハットリくん

忍者ハットリくん

1986年3月5日/ハドソン/HU-010/ROMカートリッジ/4,900円
©1986 HUDSON SOFT ©FUJIKO,SHOGAKUKAN,TV ASAHI

藤子不二雄のコミックからゲーム化。ハットリくんのほか、シンゾウ、獅子丸やケムマキ、影千代など、原作そのままのキャラクターが登場する。サブタイトル「忍者は修行でござるの巻」。


詳細を表示

ハドソン(19)| 横スクロールアクション(27)| 和風(12)| Comment (0)

パックランド

パックランド

1985年11月21日/ナムコ/NM-010/ROMカートリッジ/4,500円
©1984 1985 NAMCO LTD.

パックマンが迷路を飛び出し、街中や森、山道などを駆け抜ける横スクロールアクション。コースのいたるところに様々な隠れキャラが仕掛けられている。操作方法が特殊。


詳細を表示

ナムコ(25)| 横スクロールアクション(27)| Comment (0)

花のスター街道

花のスター街道

1987年3月17日/ビクター音楽産業/VC-002/ROMカートリッジ/5,900円
©1987 VICTOR MUSICAL INDUSTRIES,INC.

二人の主人公を同時に操作する感覚が独特のアクションゲーム。ポップスターになることを夢見て東京へと進出したモエタとゴローの二人がレコード業界で成り上がり、メジャーとなるまでのストーリー。


詳細を表示

ビクター音楽産業(3)| 横スクロールアクション(27)| Comment (0)

飛龍の拳奥義の書

飛龍の拳奥義の書

1987年2月14日/カルチャーブレーン(日本ゲーム)/CB-001/ROMカートリッジ/パスワード/5,500円
©1987 NIHON GAME/©1987 MICRO ACADEMY

もとはタイトーのアーケード版。ジャンプ、防御、上中下段攻撃、コマンド入力、KOゲージ、異種格闘技戦と、後に「ストII」から連なる対戦格闘の要素をほぼ満遍なくこの時期に現出させている。但し対人対戦が出来るのは続編の2から。以降続編多数。「心眼」システムが独創的。


詳細を表示

カルチャーブレーン(1)| 横スクロールアクション(27)| 対戦格闘(9)| Comment (0)

北斗の拳

北斗の拳

1986年8月10日/東映動画/TD-002/ROMカートリッジ/4,900円
©BRONSON・HARATETSUO/SHUEISHA・FUJI TV・TOEI ANIMATION
©1986 TOEI ANIMATION/SHOUEI SYSTEM

武論尊・原哲夫コンビの原作(「週刊少年ジャンプ」連載)をファミコン化。ケンシロウはもとより、シンやラオウなどの登場キャラクターが原作そのままに登場する。セガ・マークIII版でも同名のタイトルがリリースされており、ゲームシステムがよく似ていることから、その優劣をよく比較される。ファミコン版開発はショウエイシステム。


詳細を表示

東映動画(3)| 横スクロールアクション(27)| Comment (0)

ポケットザウルス十王剣の謎

ポケットザウルス十王剣の謎

1987年2月27日/バンダイ/BA-011/ROMカートリッジ/5,500円
©1987 BANDAI

バンダイの橋本名人が主人公の横スクロールアクション。当時バンダイから発売されていた恐竜型のキャラクター文具「ポケットザウルス」が多数登場する。「ファミリーコンピュータMagazine」でゲームのアイディアを公募し、一般読者がゲーム企画に参加した。ブーメランという特殊な武器、ゲーム中アクションとシューティングが混在する、ゲーム中に突然クイズが始まる、敵キャラクターが自己紹介しながら登場する、ボスキャラクターへの攻撃方法に工夫が必要、など実に多彩なアイディアが盛り込まれている。ゲーム開始時には「バリバリボクモード」と「パパモード」の2つから難易度を選択できる。


詳細を表示

バンダイ(12)| 横スクロールアクション(27)| 横シューティング(15)| Comment (0)

マグマックス

マグマックス

1986年3月19日/日本物産/NB-001/ROMカートリッジ/4,900円
©1986 NIHONBUSSAN CO., LTD.

前年の同社アーケード版からの移植。パーツと合体することにより強力なロボットへと変身する横スクロールシューティング。


詳細を表示

日本物産(4)| 横スクロールアクション(27)| Comment (0)

ミッキーマウス不思議の国の大冒険

ミッキーマウス不思議の国の大冒険

1987年3月6日/ハドソン/HU-015/ROMカートリッジ/4,900円
CHARACTERS ©1987 THE WALT DISNEY CO.
PROGRAMMING ©1987 HUDSON SOFT

ディズニーの人気者ミッキーマウスとミニーマウスが主人公のハドソン謹製アクション。「不思議の国のアリス」の世界を舞台にミッキーとミニーが大活躍する。2匹のキャラクターを同時に操作する部分で一部特徴がある。全5ステージ。


詳細を表示

ハドソン(19)| サイドビューアクション(68)| 横スクロールアクション(27)| Comment (0)

六三四の剣ただいま修行中

六三四の剣ただいま修行中

1986年8月8日/タイトー/TA-008/ROMカートリッジ/4,900円
©M.MURAKAMI/SHOGAKUKAN,TX,EK
©1986 TAITO CORP.

村上もとか原作の同名コミック(「週刊少年サンデー」連載)をファミコン化した剣道アクション。少年期の修行に始まり、全国大会の優勝を目指す。試合モードではコミックそのままのキャラクターが登場する。二人対戦可。


詳細を表示

タイトー(12)| 横スクロールアクション(27)| 対戦格闘(9)| Comment (0)

夢工場ドキドキパニック

夢工場ドキドキパニック

1987年7月10日/フジテレビジョン/FT-001/ディスク/ディスクセーブ/2,980円
©1987 NINTENDO/FUJI TV

持ち上げる、引っこ抜くという動作が新しい、マリオの続編として開発されたアスレチックアドベンチャーアクション。バラエティに富むステージ構成の中にアッと驚く仕掛けが満載。ジャンプ音はマリオシリーズのそのままで、敵ボスのダメージ音にはゼルダの伝説のものが使われている。ヘイホーやキャサリンなどマリオシリーズでおなじみとなるキャラクターが初出。


詳細を表示

フジテレビジョン(1)| サイドビューアクション(68)| 横スクロールアクション(27)| Comment (0)

横スクロールアクション(全27件):  1 | 2 | 3 | 全て表示 |