ジャンル別 > ロールプレイング > テキストRPG

 ・ロールプレイングのサブカテゴリ:
アクションRPG(11) テキストRPG(10)
テキストRPG(全10件):
ウィザードリィ

ウィザードリィ

1987年12月22日/アスキー/AS-012/ROMカートリッジ/バッテリーバックアップ/ターボファイル対応/5,800円
©1987 Andrew Greenberg,Inc./©1987 Robert Woodhead,Inc./©1987 GAME STUDIO Inc
©1987 ASCII Corporation for Japanese translation

コンピュータRPGというジャンルを創設したといっても過言ではない、大古典にして大傑作のファミコン移植版。音楽に羽田健太郎、モンスターデザインに末弥純を起用、3Dダンジョンの描画をレンガ調の面画にするなど、ファミコンならではの仕上がりになっている。ゲームクリア後も、村正や手裏剣などのレアアイテム探索、キャップなしのレベル/HP上昇といったやり込み要素があるため、実質的にこのゲームのプレイに終わりはない。シナリオタイトルは「狂王の試練場」。


詳細を表示

アスキー(11)| テキストRPG(10)| Comment (0)

ディープダンジョン魔洞戦記

ディープダンジョン魔洞戦記

1986年12月19日/DOG(スクウェア)/DG-002/ディスク/ディスクセーブ/3,400円
©1986 HummingBirdSoft

DOGブランド第二弾。「ウィザードリィ」を元に、ハミングバードが開発した3Dダンジョン型テキストRPG。パーティーは組めず、プレイヤーは終始単独で行動する。地下の陰湿で退廃的な雰囲気がリアル。地下に街があったり、地底湖の存在などシナリオは個性的。


詳細を表示

DOG(3)| テキストRPG(10)| ディスクシステム(43)| Comment (0)

闘人魔境伝ヘラクレスの栄光

闘人魔境伝ヘラクレスの栄光

1987年6月12日/データイースト/DE-004/ROMカートリッジ/パスワード/5,300円
©1987 DATA EAST CORP.

ギリシア神話をモチーフとした人気RPGシリーズの第一作目。発売当時、ドラクエの対抗馬の最先鋒と目され過剰な期待が掛かった感があるが、十分それに応えシリーズの一作目を飾った(シリーズは三作目以降はスーパーファミコン、ゲームボーイなどに移行)。鍛冶屋システムと原寸大の街マップがユニーク。


詳細を表示

データイースト(4)| テキストRPG(10)| Comment (0)

ドラゴンクエスト

ドラゴンクエスト

1986年5月27日/エニックス/EN-003/ROMカートリッジ/5,500円
©1986 ENIX

初のファミコンオリジナルRPG。社会現象となり列島を席巻することとなる怪物シリーズの一作目。パソコンRPGの古典「アルティマ」「ウィザードリィ」を折衷したゲームシステムを採用するが、RPGに不慣れなファミコンユーザー向けに趣向を凝らした丁寧な作りで成功している。ドリームチームといえる開発スタッフが結集しファミコン界に送り込んだ、珠玉の名作。通称「ドラクエ」。


詳細を表示

エニックス(5)| テキストRPG(10)| Comment (2)

ドラゴンクエストII悪霊の神々

ドラゴンクエストII悪霊の神々

1987年1月26日/エニックス/EN-004/ROMカートリッジ/パスワード方式/5,500円
©1987 ENIX

冒険の続章は加速度を伴って列島を熱狂の渦へと巻き込んでいく。開発段階から週刊少年ジャンプとタイアップでスクープ的にレポートが繰り返された結果、発売前から話題が沸騰、発売日には全国的に完売となる騒動で、さらに続編となる3ではこれに拍車がかかることになる。前作の基本システムはそのままにパーティー制を導入、ストーリー、全体マップ、移動手段など全てにおいてスケールアップ。謎の最強アイテム「いなずまのけん」「みずのはごろも」探索や福引所の「ゴールドカード」などサブクエストも充実。


詳細を表示

エニックス(5)| テキストRPG(10)| 管理人の個人的殿堂(9)| Comment (3)

ドラゴンクエストIIIそして伝説へ…

ドラゴンクエストIIIそして伝説へ…

1988年2月10日/エニックス/EN-005/ROMカートリッジ/バッテリーバックアップ/5,900円
©1988 ENIX

ロト3部作完結編。転職システムを含む自由なパーティー編成、キャラクターを思いのままに育て上げる戦略性がファミコンRPGの新境地を開拓した。世界全土を自在に飛び回りピラミッドやジパング、幽霊船など特徴的なイベントを経て、魔王を倒した後も物語は終わらず、全てはエンディングの一点を目指して突き進む。累計売上約380万本を記録、ファンの支持も絶大で、シリーズ史上最高傑作の呼び声は揺るぎない。


詳細を表示

エニックス(5)| テキストRPG(10)| Comment (0)

ファイナルファンタジー

ファイナルファンタジー

1987年12月18日/スクウェア/SQ-005/ROMカートリッジ/バッテリーバックアップ/5,900円
©1987 SQUARE

スクウェアの誇る巨編シリーズの第一作。「ドラクエの先へ」を合言葉にゲームシステムのあらゆる部分にオリジナリティが検討され、それをチーフプログラマーのナーシャ・ジベリが見事に実現、剣と魔法の世界に高度文明が融合するシナリオの傑作SFファンタジーRPGとなった。同社の業績不振から撤退前の最後の作品という意味で「ファイナル」と名付けられたが、同社を窮地から救いゲーム業界の雄へと押し上げることになるまさに出世作。キャラクターデザイン天野喜孝、サウンドは植松伸夫。通称FF(エフエフ)。


詳細を表示

スクウェア(4)| テキストRPG(10)| Comment (0)

ファイナルファンタジーII

ファイナルファンタジーII

1988年12月17日/スクウェア/SQ-008/ROMカートリッジ/バッテリーバックアップ/6,500円
©1988 SQUARE

前作のヒットの勢いのままに制作され、採用された先鋭的な成長システムの是非をめぐって意見が真っ二つに分かれたシリーズきっての「話題作」。しっかりとした設定のある登場人物とのドラマストーリーは小説のような感覚で、ゲームという枠を超えたキャラクターファンを生んだ。チョコボやシド、リヴァイアサン、大賢者ミンウなども初登場する。


詳細を表示

スクウェア(4)| テキストRPG(10)| Comment (1)

ミネルバトンサーガラゴンの復活

ミネルバトンサーガラゴンの復活

1987年10月23日/タイトー/TA-014/ROMカートリッジ/バッテリーバックアップ/5,500円
©1987 TAITO

傭兵システムが絶賛を浴びた、本格ファンタジーRPG。各地に伝わる伝説を一つずつひも解き、神々の奇跡と祝福を味方につけながら宿敵打倒へと向かっていくシナリオも秀逸で、プレイヤーの評価はおしなべて高い。続編に「シルヴァ・サーガ」シリーズがある。


詳細を表示

タイトー(12)| アクションRPG(11)| テキストRPG(10)| 管理人の個人的殿堂(9)| Comment (0)

桃太郎伝説

桃太郎伝説

1987年10月26日/ハドソン/HU-019/ROMカートリッジ/パスワード方式/5,800円
©1987 HUDSON SOFT

ドラクエIのシステムを土台に、日本のおとぎ話をギャグ満載で喝破した痛快和風RPG。ドラクエの誕生を育んだ『週刊少年ジャンプ』の「ジャンプ放送局」からさくまあきらが監督、土居孝幸がキャラクターデザインに参加し、読者の投稿からもゲーム内のアイディアが採用された。ハドソン「マル超シリーズ」第三弾。通称「桃伝(ももでん)」。和風の街並み、畳敷きの家屋が独特の雰囲気。


詳細を表示

ハドソン(19)| テキストRPG(10)| 和風(12)| Comment (0)

テキストRPG(全10件):