五十音順 > な

(全9件):
本将棋内藤九段将棋秘伝

本将棋内藤九段将棋秘伝

1985年8月10日/セタ/ST-001/ROMカートリッジ/4,500円
©1985 SETA

ファミコン初の将棋タイトル。コンピュータの強さはやや弱いが、コンピュータ相手に将棋ができることは衝撃であった。コンピュータとの対戦のみで、2人での対戦はできない。


詳細を表示

セタ(2)| 将棋(2)| Comment (0)

ナイト・ロアー

ナイト・ロアー

1986年12月19日/ジャレコ/JA-012/ディスク/ディスクセーブ/3,200円
©1986 JALECO LTD. LICENSED BY RARE LIMITED

イギリスのマイコン用ゲームの移植。水平方向斜め45度回転視点で、高さを持った三次元の空間表現が特徴。


詳細を表示

ジャレコ(12)| トップビューアクション(20)| ディスクシステム(43)| Comment (1)

長靴をはいた猫世界一周80日大冒険

長靴をはいた猫世界一周80日大冒険

1986年11月21日/東映動画/TD-003/ROMカートリッジ/4,900円
©1986 TOEI ANIMATION SHOUEI SYSTEM

「眠れる森の美女」などの作品を残した17世紀フランスの詩人シャルル・ペローの童話を元に、1976年に日本で制作されたアニメ映画をファミコン化。ステージごとに自動車や船、気球などの行動バリエーションが変化に富む。主人公の「長靴をはいた猫」ペロは、東映動画のマスコットキャラクターとして採用されている。


詳細を表示

東映動画(3)| 横スクロールアクション(27)| Comment (0)

謎の壁ブロックくずし

謎の壁ブロックくずし

1986年12月13日/コナミ/KO-012/ディスク/ディスクセーブ/2,980円
©1986 KONAMI

ビデオゲームのルーツ「ブロック崩し」のアレンジ。アーケードで隆盛を誇った「アルカノイド」に比べると簡単そうに見えるが、後半ステージでは常人離れした反射神経と忍耐力が必要。


詳細を表示

コナミ(18)| その他テーブル(7)| ディスクシステム(43)| Comment (0)

謎の村雨城

謎の村雨城

1986年4月14日/任天堂/ND-035/ディスク両面/ディスクセーブ/2,600円
©1986 NINTENDO

ディスクシステム第2弾。剣術と忍法を駆使して謎の勢力に支配された村雨城に乗り込む、傑作剣術時代劇アクション。


詳細を表示

任天堂(48)| トップビューアクション(20)| 和風(12)| ディスクシステム(43)| Comment (0)

ナゾラーランド創刊号

ナゾラーランド創刊号

1987年2月6日/サンソフト/SD-009/ディスク/2,980円
©1987 SUNSOFT/SEKAIBUNKA-SHA

ディスクカードの安価性を武器に、雑誌のような定期刊行を狙った第一作目。8種類のミニゲームが収録されている。正式名称は「謎のマガジンディスク ナゾラーランド創刊号」。


詳細を表示

サン電子(13)| ディスクシステム(43)| その他(6)| Comment (0)

ナッツ&ミルク

ナッツ&ミルク

1984年7月28日/ハドソン/HU-002/ROMカートリッジ/ファミリーベーシック専用データレコーダ/3800円
©1984 HUDSON SOFT

ハドソンからのリリース第2弾。パズル的要素の盛り込まれたコミカルアクションゲーム。


詳細を表示

ハドソン(19)| サイドビューアクション(68)| パズルアクション(13)| Comment (0)

涙の倉庫番スペシャル

涙の倉庫番スペシャル

1986年7月30日/アスキー/AS-005/ディスク/ディスクセーブ/2,980円
©1984,1986 ASCII CORPORATION ©1983,1984,1986 THINKING RABBIT COMPANY

PC-8801版からの歴史を持つ国産パズルの古典を移植。国内外で人気が高く、数多くのプラットフォームに移植された。アクション性のないパズルゲームはファミコン初。ファミコン版のオリジナルとして、アイテムを使用して有利に進められる「ゲームモード」が追加されている。


詳細を表示

アスキー(11)| ノンリアルタイムパズル(2)| ディスクシステム(43)| Comment (0)

南国指令!!スパイVSスパイ

南国指令!!スパイVSスパイ

1987年3月27日/コトブキシステム/KS-006/ROMカートリッジ/4,900円
©1987 KEMCO

二人のスパイのコミカルな「死闘」が、今度は南海の孤島で繰り広げられる。南の島に舞台を移したことに応じて仕掛けられる罠が多彩にパワーアップし、また特徴ある各ステージに応じた障害物が侮れない存在として行く手を阻む。前作同様2人対戦がこのゲームの真骨頂。


詳細を表示

コトブキシステム(6)| 広域マップアクション(15)| 対戦格闘(9)| Comment (0)

(全9件):