怒

1986年11月26日/ケイアミューズメントリース/KA-001/ROMカートリッジ/5,500円
©1986 K.AMUSEMENT LISING CO. ©1986 SNK ELECTRONICS CORP.

スタローン主演の映画「ランボー」のファミコン化ともいえるコンバットアクションゲーム。戦車、ヘリを奪い攻撃できる。パッケージイラストは漫画家のたがみよしひさ。2人同時プレイ可。

ケイアミューズメントリース(1) | コンバットアクション(4) |

怒
画面はトップビュー上方任意スクロール。
世界征服を企む悪の秘密結社壊滅のため送り込まれたラルフとクラークがマシンガンと手榴弾で戦場を生き抜く。

アーケード版からの移植で、アーケード版はアーケードゲーム「T・A・N・K」の続編として開発された。操作スティックに左右にカチカチと回転切り替えできるダイヤルレバーを採用し、移動方向と攻撃方向を独立させた操作感が特徴だったが、ファミコン移植に際してはうまく工夫されている。

プレイヤーの武器はマシンガンと手榴弾で、弾数制限がある。ゼロになると当然攻撃ができなくなるので、敵が落とすアイテムで補充する。
アイテムは武器の補充のほか、パワーアップの効果があるものがある。

途中、停止している戦車やヘリに重なってAボタンを押すと、乗り込んで侵攻することができる。戦車はAボタンを押しながら左右で砲身の方向を変えることができ、アーケード版の操作感を実現している。
戦車、ヘリは敵の通常弾では破壊されないが燃料を消費し、ゼロになると爆発するので、燃料のアイテムを拾って常に補給していかなくてはならない。

水辺は徒歩で入ることができる。移動スピードが極端に落ちるので、敵の攻撃の激しい地上とうまく選択して進む必要がある。戦車は水辺に入ることができないので、陸地がなければ戦車から降りなければならない。

2人同時プレイでは、相手からの攻撃を受けてもミスになる。

セガマークIII用ゴールドカートリッジ「阿修羅」はこのタイトルを元に作られたようだ。発売はファミコン版より微妙に早い1986年11月16日。

アーケード版と較べると、マシンパワーの面で明らかに見劣りし、結果として普通のアクションゲームになってしまったのは残念。



怒 タイトル画面怒怒怒怒怒怒怒怒怒

■メーカー別一覧: ケイアミューズメントリース(1) (新)↑ ↓(古)

■発売日順によるソート:(新)↑ ↓(古)
ザナック(ポニーキャニオン)
キャッスルエクセレント(アスキー)
きね子(アイレム)
ドラゴンボール神龍の謎(バンダイ)
怒(ケイアミューズメントリース)
マッピーランド(ナムコ)
長靴をはいた猫世界一周80日大冒険(東映動画)
元祖西遊記スーパーモンキー大冒険(バップ)
もえろツインビーシナモン博士を救え(コナミ)

YouTube 動画



再生時間: :
再生回数: 0
高評価: 0 低評価: 0
追加日: 1970年1月1日

怒 IKARI warriors 1/3

アーケード版ALL 2/3 http://youtube.com/watch?v=Nl4fRhS3yj0 3/3 http://youtube.com/watch?v=RMKpmJvJMyo

再生時間: 8:03
再生回数: 84,531
高評価: 73 低評価: 8
追加日: 2007年12月23日
スポンサーリンク
コメントを投稿する